空歌応里~くうかおうり~

井の中の蛙のまま、つらつらと書くのです。 

かんもくエッセイ本2冊

『かんもくガール』と『かんもくって何?』という本を買ってみた。  

私はかんもくガール: しゃべりたいのにしゃべれない 場面緘黙症のなんかおかしな日常  かんもくって 何なの!?: しゃべれない日々を脱け出た私

 

 

……エッセイ本だと思うケド、一冊は発達障害の棚に、もう一冊はエッセイ本の棚にありました。本屋によっても違うのかも。

 

 

 

で、読んでみた感想。

うーん。うーん。2冊とも大まかな筋が一緒なので、2冊は必要なかったかも。

 

場面緘黙:かんもくとは?

::ある特定の状況や場面でまったく、もしくはほとんど話すことができなくなる症状。身体的に話せる機能と知識は有している。

(どのような状況でも全く話せない場合は全緘黙

 ここでは、『場面緘黙』を『かんもく』と表記してます。

 

 

この本をお勧めしない人 

この2冊を読んだ「かんもく児を持つ親」は自分が悪いんじゃないかと思うだろうな。

(アマゾンレビューにもそれらしき言葉があったような気が)

  なので、「かんもく児を持つことで苦しんでる親」にはお勧めしません。

もっとほかの本を読んだ方がいいです。

支援も何もなかった時代の事例を読んでも、参考になるものは少ないと思います。

今の支援がどの程度あるのかは知らないので 、何とも言えない部分もありますが…

 

また、大人になった現在かんもくに苦しんでいる人。

もしくは、かんもくの後遺症に苦しんでる人もお勧めしません。

大人のかんもく当事者(後遺症に苦しんでる人含め)に対しても得る知識はあまりありません。

運よく良い人に出会えたら(もちろん、出会うまでは努力や苦労をしてますが)、変わったというような話なので、益々凹む人がいそうな気がします。

 

お勧めする人。

とりあえず、かんもくを知りたい人。

ただし、これは一例に過ぎないという事を頭の隅にでも入れてください。

 

元かんもくだった人で、そーいえばこんな事があったなぁと笑える人。

または、ここは違うなぁと自分と比べて楽しめる人。

 

かんもくらしき人に関わって、あの時の対応はあれでよかったのかな?と思った人。

その事例が載ってるかどうかは分かりませんが、もしかしたら参考になるかもしれません。

 

2冊の共通点&大まかな筋

『かんもくガール』と『かんもくって何?』の共通点&大まかな筋

 

:入園前に不安感を自覚する

 

:母親は子供を責めるタイプ(子供の自信を奪う)

:両親の仲は悪い。

 

:周りからは都合よく使われる(もちろん、優しい人もいる。)

 

:習い事orバイトが続けられる。

 

:高校で普通に喋れるようになる。が、色々と問題勃発。

 

:社会人後の鬱。

 

:価値観や感性が合う人と出会う。

 

:自信を持って、好きな事をしている今。

 

大まかにこんな感じ。これだけだと、普通の人の人生だけど、かんもくに関するエピソード入り。(もちろん、かんもくとは関係ないエピソードも入ってる)

 

 

2冊とも『機能不全家庭で育っている』という事も共通している。

というか、2冊読んでどちらも原因が『機能不全家庭で育ったから』みたいになってると、かんもくの原因って家庭?と思いそうだなぁ。

……手に取りやすい漫画形式だから私も手に取ったけど、これだと『かんもくの原因は機能不全家庭』になってしまいそうだ。

『かんもくって何?』の方では所々に、『家庭だけが原因ではない』と書いてあるが、漫画だけを辿るとどう見てもそうは見えない。

 

2冊買うのならば、もう少しいろんな家庭背景とか、症状自覚時期の違いとか、周囲の対応の違いとか……いろんなものを比べてもみたかったのだけどほとんどが一緒です。

 

2冊の違い

 

 『かんもくガール』の方は習い事いっぱい楽しくやって、不登校にもなって……

と、自由さがあふれる。

『かんもくって何?』の方は暴力当たり前、子供からお金をせびる親。不登校という選択肢は無し。

自由って何?それおいしいの?状態。

 

同じような『機能不全家庭』ですが、「かんもくって何?」の方は家庭だけではなく学校もハードです。

 

『絵柄』もかなり違います。

『かんもくガール』の絵は可愛いです。内容もそこまで重くはありません。

子供時代のエピソードが多めです。

さらっと読みたい人にはこちらがお勧め。

 

『かんもくって何?』の方も表紙は可愛いのですが、中身は所々、ホラーです。怖いです。

内容も『かんもくガール』より重いです。

社会人になってからのエピソードが多め。

じっくり重さを感じたい人はこちらをどうぞ。

 

と言った感じでしょうか。

  

それはどうなのかな??と思った点

どうでもいいだろうけど、個人的に気になった点。

 

 

地方在住なので、『かんもくって何?』の「ド田舎感」にはうーん。と思った。

引っ越し先でいじめにあった理由っぽいのを書いた部分。

『田畑に囲まれたド田舎だからか 校風か』

……都会にいろんな人がいるように、田舎もいろんな人がいます。

いじめを平気でする人間の理由を田舎に求めないでください。

 

『かんもくって何?』に『Itと呼ばれた子』や『ビリー・ミリガン』がちらっと出てる。

私も読んだ。中学生ぐらいだったかな。忘れたけど、読んだ。わー。いっしょーー。

で、その次。

 

『親から虐待受けたり、いじめにあってないから、私は幸せ者だけど

この子の気持ちわかるなぁ』←↑矛盾に気が付かない。

 

の部分。。

矛盾なんてないと思うんだけどな。

一般的には『虐待にあってないけど、そんな子たちの気持ちが分かる』というのはある。想像力で共感してしまう事があるから。

ただ単に、『自分の境遇に気が付いてない』でいいんじゃなかろうかと思った。

 

 そんな感じでさらっと比べた感じでした。

 

……他にもいろいろ感想はあったけど、細かい部分は自分と照らし合わせて

後から書きたいと思います。

他県の人が言っていた事を書き連ねてみる

不二越会長さんが「富山は閉鎖的」と言ったことが波紋を読んでいた。

 

閉鎖的って、閉じているって事だよね。

地形で言うのならある意味富山は北が海で残り三方が山という閉じた地形だなと思う。

 

 

そーいえば私、富山で他県の人と一緒に仕事をして言われたことがいくつかあったなと思いだした。

 

『他県の人』というのが長いので仮にAさんとする。

 

まず、一番困ったことは

 

『言葉』

 

だったらしい。

 

Aさんは「上司の方言がきつい。

方言で言われても全くわからない。聞き返すけど、それも早口で言われてしまって理解するのに苦労する」

 

恐らくどこでもそうだと思うが、他県の人に方言は通用しない。

せめて、聞き返されたらゆっくりと話すか、共通語を思い出して話してほしいと思う。

まぁ。これは人によるのかもしれない。

 

私と一緒に入った人は他県の人が多かったので、逆に私は「方言ほとんどないね。同じく他県からかと思った」と言われてしまった。

それは他県の人と話してたからだと思います……。家族とかだと富山弁使ってますよ。

 

 

富山は雨や雪の日が多い。……最近はそうでもないような気がしますが。

Aさんは「傘を持って行かない日がない」

と言ってました。……さすがに毎日、傘必要ではなかったと思いますが、他県よりは多いだろうなと思います。

晴れ間は貴重……でした?

 

 

 パチンコ屋が多い&パチンコのCMが昼間に普通に流れている。

CMの方は今はないような気がしますが、当時は私も驚きました。

その前まで県外にいたので、数年間富山から離れている間に

パチンコのCMが昼間でも流れるようになってました。

私が驚いたのですから、県外のAさんにとっても驚きだったろうなと思います。

……。

パチンコ屋が多いのは…昔からなので私はさほど驚きませんでした。

潰れてる店も多いです。

 

テレビのチャンネル数が少ない。

……これについては、地方はたいていそーいうものだと思います。

 

放送が数週間遅れている。

……これも、地方はそーいう事が多々あります。

 

 

……こんなところかなぁ。うーん。思い出せるのはこんなところ。

言葉以外はどうでもいい事かもしれないケド、

逆にいえば方言では通用しないという事が理解できないのはかなりやばいと思う。

 

 

逆に私が県外に行って驚いたこと&驚かれたこと。

 

……。そーいえば、私が他県に言った時、がちがちの方言というのはあまり耳にしなかった。都会な場所で周囲の県の人が集まるからというのもあったのかもしれない。

 

 

免許を持ってると驚かれた。私みたいな鈍い人間には免許が要らない&取れないと思われたらしい。

どれだけ免許取得に不向きでも、地方ではとりあえず免許は持ってないと生きていけない&仕事がない。(車も必須だけど、県外にいたのでとりあえず免許だけ持ってた私)

あ。ついでにその『免許必須』な事にイラッとしたので県内での仕事も私は車を使ってません。

仕事数はすごーく少ないけど探せばありました。

もうやめてますけどね。

 

 

「台所は広い?」

富山の持ち家率は高いらしいです。

賃貸を探す方が難しいです。が、最近はちらほら賃貸アパートらしきものを見かけます。

持ち家なので、賃貸と比べれば広い…のだろうと思います。

聞かれたときは、一瞬ぽかんとしてしまいました。

「せまいよ」と答えた後で

「でも、物をずらせば広くなるんでしょう?何人かは入れるんでしょう?」

と言われて、「うん」と答えました。

さすがに一人で手いっぱいというほど狭い台所ではありません。

 

 

 

そんな程度かなぁ。

うーん。富山がっていうのかどうかは謎なものも多い。

 

閉鎖的って何?

 

家を継ぐのは男っていう思考か?

 これは実際に娘しかしない従兄弟に向かって、近所のおじさんが言ってた。

唖然としてしまった……この平成の時代にいつの時代の価値観で生きてるんだ??

 

知り合い男性と一緒に、とある家にお邪魔した時、

昼食をごちそうになったけど、その時も「女性なんだから、男性の分もよそいなさい。いいお嫁さんになれないよ」みたいな事を言われた。

初対面でそれを言うおじさんはいる。

 

小学生の時の担任は

「男の子だけ雪かきするぞ」と言い、「女子ずるい」の男子の声には

「お前ら男だろ」で終わった。

……決して悪い先生ではなかった。むしろ、良い先生だったと思う。

が、唯一この時だけは引っかかった。

それほど雪が多くなく人手が要らなかったのかもしれない。

それでも、「次は女子に頼むから」ではなかった。

 

 と、男女差別的な事ばかり思い出してしまう。

ついでに仕事においても男性上司しか見た事が無い。

女性上司は……いた覚えがないなぁ。

もちろん、私が知ってる範囲が狭いからというのもあるし、富山だけではないのだけれど。 

 

 

そんな感じで。

色々混ぜてしまった……うーん。まとまらない。