読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空歌応里~くうかおうり~

井の中の蛙のまま、つらつらと書くのです。 

年明けの思考メモ……。ただの雑記です。

雑記

 

人は毎日眠ると同時に死んで、起きると同時に生まれるのだとか。

みたいな話を聞いたことがある。

 

気が付けば一つも更新せずに年が明けてしまった。

書こうと思っていることは多々あるのに、順序立てた方がいいのだろうか?

などと思ってるうちに時間だけが過ぎていく。

時間は過ぎていくと思ってることさえもまた間違いで、

時間はないという見方もあるのだとか。

あらゆる事象は一瞬の絵の連続である……だったかな。

どれが本当でどれが嘘かは私は知らない。

とりあえず、今、私の中では時間が存在していて

同時に「うわーー。書かずに時間が過ぎたーー」という後悔も存在してる。

ま。これもまた、私が死ねば消え去るのかもしれないけど

 

何が存在していて、何が存在してないかは『個々人の中にだけ存在する』とは思っている。

誰もが皆、『自分が信じる世界』を創作してる。

その中で時々、ちらりと他人の世界が見える。

その他人の世界に自分の世界を映すから、衝突が起きる。

それは『他人の世界』だと認識している限り、自分の世界を犯すことはない。

 

意見の衝突はなぜ起きるかを考えていた。

他人の世界が『自分の世界』を犯さない限り

意見の衝突なんてありえないのかもしれない。

相手が自分の世界を信じる必要性はないし、自分が相手の世界を信じる必要もない。

私の中にあるのは、今まで私が作ってきた『私の世界』しかない。

もちろん、作る過程でたくさんの他人と衝突(「他人の世界」を垣間見ることも踏まえて)してはいる。

子供の頃なんて親の世界がほぼ自分の世界に等しいので、親の影響が強い事も否めない。

 

でも、子供の頃の私は死んで、今この時間の私だけがここにいる。

 

ってことを考えていこう。

 

今日は昨日の続きではなくて

今日は今日でしかない。

そう考えながら、過ごしてみよう。

 

そんなわけで。。

無理やり終了zzz