読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空歌応里~くうかおうり~

井の中の蛙のまま、つらつらと書くのです。 

私と性別

テーマの一つ「性別」について。

ざっくりつらつらと。

 

私の性別

私の事をまずは書こうと思う。

私は女性だ。……。と、『だ』で終わらせると、なんだか男らしい女性に思えるのかもしれない。

つい、ネット上では完結に書いてしまう為なのか、元々気遣いが足りないせいなのか、『男性かと思った』と言われたことがある。

メールだけのやり取りで性別を特に書く事が無かった場合は特にだ。

現実の私はどこをどう切り取っても女性にしか見えない。

男性に間違えられたことは一度も……いや。一度だけあった。

男装していた時にトイレに入ったら、女性が一瞬びっくりした顔で立ち止まっていた。

恐らく『男性?』と思ったのだろうと予測する。

が、それは私の後姿だけを見ての反応で私の顔&全身をよく見た結果女性だと判断したのだろう。何かを言ってくることはなかった。

 

という事で、私は自分が女性だと自覚している。

 

性別を気にした始まり

私が『性別』を調べるようになったのは、好きになった相手が同性だったから。

それは高校を卒業した後の事だった。

時代は恋愛のれの字も興味が無かった。たぶんこのまま一生、恋愛しないとすら思ってた。

気になる人は男女問わずいたが、『好き』という意識にまではいかなかった。

自分はおかしいのかと思って、なるべく男性を意識するようにしてみた。

が、やはりそれは何か違った。

とりあえずいろんなものを保留にして、性別について調べた。

 

それまでは、自分には女性の自覚があって

自分が異性を好きになるだろうと思っていた。

まぁ。女性の自覚と言ったって化粧嫌いに見た目も気にしない。

着るものすらどーでもいいというありさまなので『女性であることを気にしなかった』といった方が合ってるかもしれない。

 

そんなこんなでいろいろ調べて、色々考えて

自分は同性愛者の部類に入るらしいぞという事が分かった。

さらに今は自分は同性愛者には入らないかもしれないと思ってる。

が、その辺りの経緯については記事で書こうと思う。長くなりそうだから

 

男女差別への興味

 同じように性別を調べていて、『男女差別』も私の興味範囲になった。

当たり前のように自分が差別をしていて、またされているんだと自覚するようになった。

もちろん、自覚できてない部分もまだあるかもしれない。

そんな事へのメモも含めてブログには書いていきたいと思う。

 

 

 そんな感じでたぶん書いていくと思う……。うん。たぶん。。