空歌応里~くうかおうり~

井の中の蛙のまま、つらつらと書くのです。 

遠足でハチが出てくるには

まとまってない。

なーんにもまとまってないので、ふと思いついたまま。

 

 

以前、マラソン大会で参加者が蜂に刺されたというニュースをやっていた。

事前にコースの確認はしてあった。

が、ハチの巣は橋の下にあって気が付かなかったのだとか。

橋を渡る振動で蜂たちが怒りだして攻撃してきたらしい。

 

このニュース、ふうんと聞き流したはずだったのだけど、

今日、ふととある記憶と繋がった。

 

かなり昔、質問サイトにて

「小説を書こうと思っているのだけど、遠足で蜂に刺されるというハプニングが起こる話にしたいのです。

この話はどう思いますか?」

みたいな感じの質問があった。

回答の殆どが

『そんなことはあり得ない。現実味がない。

事前にチェックされてるはずだ』

と言った物が多数だった。

私は、遠足時のチェックは分かるケド、どこまでチェックするかがわからなかったので。フーンと思いながらそのトピックを見ていた。

 

質問者は「それでも、遠足時にハプニングを起こしたいのです」みたいな事を書いていた。

……。

 

今なら思う。……遠足時に蜂に襲われるというのは無理な話ではない。

現実にあり得る話だろうなぁと。

ハチの巣がどこで作られるかなんてわからない。チェックしてもチェックが漏れてることもある。

私のイメージでは『ハチの巣=森の中』なイメージだったのでなおの事、チェックしたとしても見落としはありそうだなと思った。

 

『現実は小説よりも奇なり』なんて言葉もある。

人が考えつくすべての出来事は現実に起こりえる。

「ありえない。現実味がない」なんて出来事は一つもない。

空を飛ぶ……なんて昔は魔女の箒ぐらいの空想の産物だったのに、

今は鉄の塊が空を飛んでいる。昔の人間が見れば悪魔の産物か神の奇跡だ。

 

自分の知ってることは本当にわずかしか無い。

だから、安易に「ありえない」なんて事は言えない。

…と、判っていてもいっちゃうんだけど。

「ありえない」というのは単に自分の中でだけ「あり得ないことにしたい」のであって、実際には『ありえる』というのを忘れてはいけないんだろうなぁと思った。